2011年イベント

旧燈明寺本堂での展示・イベント






空蝉  UTSUSEMI空蝉 UTSUSEMI

荒川尚也「空蝉」(画像クリックで拡大します)



室町時代、京都の加茂に建てられたこの燈明寺本堂。
横浜の地に移築された今はもう、祈りの場としては機能していない。
しかし、太い木柱で構成された空間には
数百年にわたる念仏の声が染み込んでいる。
去年の夏、ここに立った時、空蝉という言葉が思い浮かんだ。
無色透明のガラスを使って、インスタレーションを試みる。

*演奏会の間は御入場いただけません。



永田砂知子  
波紋音(はもん)演奏会 「祈りの音」
日時:2011年5月27日(金)28日(土)29日(日)
    各日午後3時開演 午後4時終演予定 

出演:永田砂知子(打楽器奏者)
企画空間演出:荒川尚也
演奏会入場料:¥2,000−
問い合わせ・申し込み先:永田砂知子http://www.nagatasachiko.com 
(こちらからメールでお願いいたします)



波紋音(はもん)は現代のものだが、なぜか懐かしく、
まるで古代からあったかのような音がする。
荒川尚也氏の作品「空蝉」が設置されたお堂で、
かつて祈りの場であった空間と波紋音が響き合う。


※永田砂知子 プロフィール
東京芸大打楽器科卒業97年に鉄でできた波紋音に出会う。
以来、波紋音だけのソロで全国各地、09年にはパリ3箇所で演奏する。
CD「波紋音」「le hamon」リリース 
http://www.nagatasachiko.com
<波紋音とは>
彫刻家・斉藤鉄平が水琴窟の音に感動し、
その音のイメージで創作した鉄のスリット・ドラムであり、美術作品です。



|

白雲邸イベント




白雲邸・和室


お茶を楽しむ会 近藤美知絵
自然茶を楽しむ お茶席
日時:5月27日(金)13:00〜14:20

主催:お茶を楽しむ会 近藤美知絵 (http://www.ochawotanoshimukai.com/)

野生の山茶の木は、大地に深く根を下ろし、石にぶつかり、
自然の恵みを充分に吸収し、それゆえ天然の旨み・香りが生まれます。
飲むほどに気持ちが穏やかになり
「昔、お茶は薬だった」ことを思い起こさせるお茶です。
昔ながらの自然茶を三渓園白雲邸の(大正9年建築。原三渓が晩年過ごす)
落ち着いた佇まいのなかで、ほっと一息“味わいのとき”をご一緒にと、
お誘い申し上げます。

定員:15名
参加費:¥2,000−
申し込み先:お茶を楽しむ会事務局 TEL.04-7158-5953 FAX.04-7150-5717
                 E‐mail info@ochawotanoshimukai.com

当日受け付けの「ほっと一息タイム(自然茶2種・お菓子付き)」
11:00〜12:30、14:45〜16:00 (自然茶券¥500-)も御座います




初夏の点心 田村協子
初夏の点心
日時:5月28日(土)11:30〜15:00

主催:田村協子 
内容:和食(季節の煮物、焼き物他)吸い物付
定員:60名
お食事代:¥2,500
申し込み締め切り:2011年5月18日
申し込み先:Tel.03-5746-0257 ・ Fax 03-5746-0241
田村協子プロフィール
島津ケーキングスクールパン師範科卒業後、
東京成城にて茶懐石の教室スタッフを8年間務める。
2007年より品川にて和食料理教室を主宰




白雲邸・談話室


織道楽塩野屋 服部芳和
柳条縮緬で夏じたく  —柳条縮緬を着て過ごす夏の快適さー
日時:5月27日(金)28日(土)両日とも
   11:00〜12:00 (1)列品解説 柳条縮緬の歴史の話
   13:00〜14:00 (2)「シルクで美容と健康」セミナー
   15:00〜16:00 (3)着物茶話会

主催:織道楽塩野屋(http://www.shiono-ya.co.jp)服部芳和

京都・埼玉・群馬の純国産の絹糸に限定した
拘りの物創りを紹介展示します。
見て触れて絹の効用を体感していただくイベントを同時開催致します。

(1)夏明石と呼ばれた主に柳条縮緬の夏バージョンの着物や帯の列品解説
(2)塩野屋の絹の特徴をお話しする「シルクで美容と健康」セミナー
(3)着物でお抹茶や桑茶を飲みながら着物茶話会「国産絹の秘話」「蚕飼育教室」

定員:各回20名
参加費:(1)(2)(3)各回¥1,000-
申し込み先:織道楽塩野屋 TEL.075−461-1995 服部ゆかり まで 


|

鶴翔閣イベント

箱瀬淳一
5月27日(金) 10:00~12:00 
「漆・蒔絵体験」
主催者:箱瀬淳一

好きな器を選んで、、蒔絵を体験。 
使った器はご自分の物になります。

持ち物:エプロン
定員:5名
参加費:器代金の実費 椀・ぐい飲み・小皿・花器 4,000~
           重箱等          15,000~
申し込み先:箱瀬工房 TEL.0768-22-7969


佐藤幸香

5月27日(金)14:00~16:00
「源氏物語の香染 ―香りを色として纏う―」
主催者:「香染」工房主宰 佐藤幸香

香から色が生まれる不思議。滅び行く綺の糸(古代絹)を
繰り返し染め、手織りで一糸一糸織り上げる。
かつて「にほふ」は色のことであった。
色を纏えば肌のぬくもりで再び匂い立つ。
世界に類のない香染の謎解きと作品たち。

定員:30名
参加費:5,000円「香染綺布のおひねり香」のお土産つき
申し込み先:佐藤幸香 TEL&FAX 03-3700-0336


久保紀波

5月28日(土)10:00~11:50
「絹扇子の扇面を作る」・・・・・・・・・・定員になりましたので締め切りました
主催者:久保紀波

薄絹2枚の間に本物の葉脈や和紙、真綿の糸などを挟みこんで
扇面を作ります。出来た扇面は京都の職人さんの手で
扇子に仕立てて後日お送りいたします。

定員:15名
参加費:5,500円(扇子仕立て代、送料含む)
申し込み先:アトリエ・Kinami TEL.042-395-9270


辛島 綾

5月28日(土)12:00~13:50
「折形・金子包」
主催者 :辛島 綾

折形は室町時代の包みの作法です。金子包とは所謂ご祝儀袋のこと。
折角のお祝い事、贈る相手に似合うもので贈りたいと思いませんか?
一度覚えてしまえば、色々な紙で好きなご祝儀袋が作れるようになります。

定員:10名
参加費:3,000円(材料費込み+「七夕しつらえセット(五色の短冊+銚子飾り)」のお土産付き)
申し込み先:辛島綾 FAX 048-456-1773
          E-mall kagamiru@excite.co.jp


イナバリエ

5月28日(土)14:00~16:00
「ふろしきカフェ ーもっと!いつも!風呂敷ー」
主催者:ふろしき使い イナバリエ

ふろしきカフェ?それは風呂敷包みの練習会。
布で包む文化は世界中にありますが、
風呂敷ほど生活に密着し、かつ芸術性の高い物は類を見ません。
使えば使うほど先人の知恵と美意識が感じられる魅力的な布です。
伝統的な使用法から現代的な使用法までを練習します。

持ち物:350mlか500mlのペットボトル
定員:15名
参加費:3000円(テキスト、アトリエkinami特製小風呂敷付き)
申し込み先:イナバリエ TEL&FAX 03‐3634‐3624 
           E-mall onko@furoshiki.office.ne.jp


小熊廣美

5月29日(日)11:00~13:30
「書く現場」
主催者:小熊廣美

今回は、色紙、表札、45×35の小品を、
その場で依頼に応じて、作品に仕上げていきます。
いわゆるパフォーマンスとは違います。
一時の書のアトリエは、期待に応えられるか、乞御期待!

持ち物:好きな文字や言葉、語句
定員:随時だが10名程度
参加費: ¥5,000~¥10,000  (材料費含む)
申し込み先 小熊廣美 携帯090ー7179ー9735
          E-mail oguma03@khaki.plala.or.jp


北邨佳代子

5月29日(日)14:00~16:00
「古袱紗を縫う」
主催者:北邨佳代子(和裁士)

「古袱紗を縫う」のワークショップは主催者のスケジュールの都合により、中止となりました。次回をお楽しみにお待ちください。

|